HIDヘッドランプの特性

HIDヘッドランプは金属原子高圧蒸気中のアーク放電による光源です。高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプの総称で、高輝度放電ランプともいいます。

特徴は、『光束が大きい』ため、大規模空間の照明に適しており、つまり、広く明かりを照らします。


お手軽さが魅力の電子機器開発の補足説明を致します。

また、『エネルギー効率が良い』ため消費電力が少なく寿命も長いです。


そして、『太陽光と色温度が近い』ため、HIDヘッドランプに照らされた物体は、より本物らしい色にて見ることができます。

低価格のカードプリンター情報を調べられるこのサイトはオススメです。

HIDヘッドランプは、自動車やオートバイのヘッドライトとして使用されていて、ディスチャージヘッドランプと呼ばれることもあります。

実際に装着した車で試してみると、ハロゲンランプに比べて、より遠くまで、より明るく、より自然な色合いで、光が届くのがわかると思います。

愛知のガスコンロ情報が様々な条件で検索可能です。

しかし、純正でハロゲンランプがついていた車両に、HIDヘッドランプのみ交換した場合は、光の照射範囲内で明るいところと暗いところの斑が発生することがあります。
これは、リフレクターがハロゲンランプ用に設計されているためです。
さらにHIDヘッドランプの良いところは、発熱が少なく、寿命が長いことです。
価格が高いのが少々難点ではありますが、ほとんどの性能においてハロゲンランプをはるかに上回っています。

自動車のリースが勢いに乗っています。

交換用ランプとして販売されているものには、ファッション性を重視して、通常の色温度6000K(ケルビン)よりも高めの色温度にして、蛍光灯のような白色や、青味のある白色を演出しているものもありますが、色温度が高くなると霧発生時や雨天時に、霧や雨にて光が拡散して、視認性が悪くなる傾向があるので注意が必要なこともあります。

基板設計のマニアックな情報をお届けします。

HIDヘッドランプは内部に水銀などの有害物質を含んでいるため、点灯中に破損した場合、有害物質が拡散する可能性があるため注意してください。

また、廃棄時には水銀などの有害物質により環境汚染の原因ともなるため、適切に回収される必要があります。

http://www.nmri.go.jp/energy/khirata/index_j.html
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%9B%B3%E9%9D%A2
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/sinsa_cad/cad.html